今月の予定

★会員のみなさまへ
 探鳥会の開催可否など、支部報のお知らせが変更になる場合があります。直前の情報は支部ホームページにてお知らせ致しますので、ご確認ください。

★休止を続けてきました定例「高麗山」について、7月から再開

致します。7/29NEW

政府見解では野外の散歩などではマスク不要とされていますが、

探鳥会ではどうしても会話が必要(探鳥会の楽しみの一つである)

なので、支部HPで示しているコロナ感染対策(マスク着用他)

に沿って実施します。

定例の鎌倉源氏山は当面の間、
中止します。再開についてはHPで確認ください。

まん延防止等重点措置の延長により中止とします。



7/10大磯高麗山
〈定例〉
 

7/17
三浦半島二子山
(定例)
6/26鳥の羽根講座
7/30(土)
多摩川六郷土手
【ツバメのねぐら入り】
 




 



  弁当要  軽登山靴   長靴   トイレ無し

探鳥会の持ち物 
双眼鏡、メモ帳、図鑑、帽子、タオル、水筒など、お弁当は必要な探鳥会と不要な探鳥会があります。 服装は、ハイキングに行く程度が標準です。天候によっては、防寒具、雨具、帽子などを用意してください。
カメラ持参に関して
 特に制限はありませんが、探鳥会は撮影会ではありません。撮影は会の進行や観察の妨げとならない範囲でお願いします。
探鳥会でのコロナ感染対策

探鳥会での新型コロナ感染策
● 体調が悪いときは参加を取りやめる
● 不安を抱いたまま参加しない
● 飛沫感染防止策として
・マスクの着用
・ソーシャルディスタンスの確保
・食事のときは会話を控える
● 接触感染防止策として
・手で目や口に触らない
・双眼鏡などを目の粘膜に触れない
・食事の前に手指の消毒を行う



【ビギナー談話室 鳥の羽講座】<会員限定・申込制>
 

6月 26日(日)
コロナ禍で久しく開催できなかったインドアでのビギナー談話室を再開します!!

今回は“鳥の羽講座”と題して、今までに集めた鳥の羽を見ていただきます。
大きな羽からちっちゃな羽、もふもふの羽毛、識別ポイントとして有名な羽、いろいろ持って行きます。
鬱陶しい梅雨の季節、鳥の羽を見ながら楽しいひとときを一緒に過ごしませんか?

集合:2022年 6月26日(日)14時 支部事務所(詳細はメールにてお知らせします。)
解散:16時頃 (16時以降、懇談会も計画中)

定員:10名(ひな鳥会員・会員歴の浅い方優先・申込多数の場合は抽選)

申込:6月19日までに、以下の申込フォームからお申込みください。



大磯高麗山〈定例〉

7 月 10 日(日)
集合:午前 7 時 30 分 大磯・高来神社
あし:JR 平塚駅北口 3 番乗り場 6 時 55 分発
二宮駅南口行き「花水」下車
解散:午前 11 時ごろ 湘南平(変更もあり)

みどころ:高麗山のすそから水道山を廻って、
アオバトが丹沢から照ヶ崎海岸への行き帰り
に上空を通過する通称「アオバトの谷」へ向
かいます。ここでアオバトの群れをゆっくり観
察します。条件と運が良ければ 100 羽位の大
きな群れにも出会えます。





三浦半島・二子山〈定例〉

 7月 17 日 ( 日 )
集合 : 午前 8 時 20 分  川久保バス停
あし :JR 逗子駅東口 8:00 発、京急線 逗子・葉
 山駅南口 8:02 発の「南郷中学校」行きバス利用
解散 : 午後 2 時ごろ 川久保バス停付近

みどころ :  暑い季節に突入しましたが、小鳥たち
は早くも混群を作り始めています。木陰が多
い林道を往復して夏鳥を探しましょう。羽根
の拾い物も多い季節です。

その他連絡:小雨決行。やや健脚向き。



【ツバメのねぐら入り観察会】
 多摩川六郷土手  <会員限定・申込制・初心者向け>

7 月 30 日(土)
集合:午後5時 京浜急行線 六郷土手駅集合
(詳細はメールにてお知らせします。)
定員:20 名(ひな鳥会員、会員歴の浅い方優先、
申込多数の場合は抽選)

みどころ:毎年恒例、ツバメのねぐら入り観察会。
葦原の減少に伴い都会ではなかなか見られな
くなっています。ツバメの渡りについて、現地
で解説します。

申込:7月23日までに、下記申込フォームからお申込みください。